ビューティーキャンプ特別講義【マクドナルドはうす編】

セミファイナリストが、ビューティーキャンプの社会貢献活動の一環として福岡市にあるドナルド・マクドナルド・ハウス ふくおかにてボランティア活動を行い、人のやさしさと温かさに触れました。

施設長からマクドナルドはうすについてのお話を聞いたあとは、スタッフの皆さんと一緒に施設の清掃や、ベットメイキングなどを行わせていただきました。この活動を通し、セミファイナリストたちは一人ひとり、心で感じたことがあるようです。

ドナルド・マクドナルド・ハウスとは、病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。入院している子どもとその家族がよりよい生活を送れるようにサポートしている団体で、寄付とボランティアで成り立っています。コンセプトは”Home-away-from-home”わが家のようにくつろげる第二の家。

世界では、45の国と地域に377か所開設されていて、日本では現在11か所の施設があります。しかし、実は福岡の経営状態は赤字のため、12箇所目の施設が建てられずにいるそうです。

まずは、この現状を多くの人に知ってもらうこと。そして、私たちにできる事を広めていくこと。

ベスト・オブ・ミス福岡では、レッスン期間中での寄付の呼びかけやグッズ販売、大会開催で得た収益の一部を寄付します。

また大会当日も専用ブースを設置し、寄付を募りますので、皆様是非ご協力の程お願い致します!

この記事を書いた人

Best Of Miss 福岡事務局